【今回の台風被害にあわれた方】平均80万円の保険金の申告漏れがないか無料で調査させていただきます。

更新日:

台風の被害が『ほんの少しでも』あった場合、あなたが加入している火災保険が適用され、平均80万円の保険金がおりるのですが、申告せずに損する人が多いです。

『火災保険』という名前から、台風や大雨の被害にも保険金がもらえることを知らない人が非常に多いのです。

今回の台風に限らず、過去に大雨や雷などであなたの家が被災したことがある場合、火災保険は申請しましたか?

 

『お家の保険相談センター』では現在、今回の台風被害・自然災害であなたのお家に火災保険がおりるか、無料で調査させていただいております。

>>お家の保険相談センターへの無料調査お申込みはこちらから

 

調査の結果、実際に保険が適用された事例として以下のようなものがあります。

ご覧いただくと分かる通り、一見すると被害がないように見えるほど小さな破損でも火災保険の補償対象になります。

 

火災保険の適用事例

引用:お家保険相談センター

このように一見被害がないように見える家でも、保険金がおりる場合が非常に多いのです。

 

『火災保険』という名前から知らない人が多いのですが、

火災保険の保険対象は火事以外の台風・大雪・大雨・雷などにも適用されます。

 

  • 保険金がおりる3つの条件
  • 保険金申請の方法

については、『お家の保険相談センター』のホームページをご確認ください。

被害が出てから時間が経過すると、経年劣化による破損なのか、被災によるものなのかの判別がつきにくくなることもありますので、気になる場合は今すぐご確認ください。

>>お家の保険相談センターの公式HP・無料調査の依頼はこちらから

 

Copyright© Ryu-kou.club , 2020 AllRights Reserved.